Timing

- スポーツイベントのタイム計測 -

LAP Timing / スポーツイベントの計測

マラソンや駅伝、そして各種自転車競技(サイクルロードロードレース・ヒルクライムなど)競技タイムを専門の機材を用いて正確・確実に計測(計時)いたします。

一度に数10人が計測ポイントを通過するレース競技では、手計測での正確な測定が難しいため、磁界を利用した「ICチップ」方式で、複数の動体を一括検知できるシステムを採用。様々なスポーツ競技でタイム計測を行えます。

計測システム

陸上競技からサイクルレース、モータースポーツに至るまで、今日のレースの世界ではタイム計測はICタグ感知方式が主流。
データベースをしっかりと作成し、セットアップすれば、ポイント通過毎に自動で、1/1000秒単位で通過タイムを記録してくれるため、集団で測定ポイントを通る「マラソン」「ロードレース」などには特に向いているシステムと言えるでしょう。

左:マラソンなどの場合は、胸ゼッケン部にタグ(ICチップ)を装着
右:サイクルロードレースの場合は、フロントフォークにタグを装着

2種類の高性能タグで確実に計測

薄型超軽量「ランニング用タグ」と、軽量ながらも頑丈で防水性にも優れた「乗り物用タグ」の、2種類のICタグが用意されているため、様々な競技に対応いたします。

このシステムでは、万全を期すために電池を内蔵した【セミアクティブ式】チップを使用しています。そのため、終了後に回収は必要になりますが、その分、感度が良く検知エリアを大きく取れます。(例えば、駅伝などでタスキ(チップ内蔵)リレーが計測ポイントに被ってしまうなど、チップ取付位置が変わってしまう状況でも計測不備が起きにくい。等の利点があります。)
また、計測感度が良いため、速いスピードでの競技にも対応し、同時に複数台を【正確に計測】する事が可能です。

計測機オペレーター派遣

プロ仕様の計測機材を使いますので、オペレーター(計測技師)も当然、経験豊富なプロを派遣いたします。

なお、計測で最も難しいと言われる競技は「サイクルロードレース」。

2~30人の集団が、毎周40km/hを超える速度で一斉に計測ポイントになだれ込むため、手動計測はほぼ不可能です。特にゴール際の判定などは、プロアマ問わず毎回ギリギリの勝負にもつれる場合がとても多いのが特徴です。

そのため、システムや感知のクセを熟知している専任のエンジニアが現場でリアルタイムにオペレートする必要が有ります。ゴールではビデオ判定等も併用して確認し、正確・公平に行う必要が有ります。

プロのレースを含む様々なイベントで実績を持つスタッフを派遣致しますので、安心してお任せ下さい。

対応する競技

陸上競技系
・マラソン ・駅伝

自転車競技系
・サイクルロードレース(ラインレース・周回レース)
・シクロクロス ・ヒルクライム
・クリテリウム ・エンデューロ(ロード・MTB)

複合競技系
・トライアスロン ・デュアスロン

など

- お問い合わせ -

まずはご相談ください

Other Contents

- 合わせてご依頼いただける業務 -

運営・進行

会場の設営など現場準備や、イベントの進行など。全体運営、運営の一部業務委託など承ります。

ショップ主催の小規模大会から社内スポーツイベント。中規模のレースイベント、自治体主催の村興しスポーツイベントなど、まずはご相談ください。サイクルロードレース・マラソンが得意です。

部分的なご依頼でコストを下げる事も可能です。他にも既存イベントの一部業務引き継ぎ等、まずはご相談ください。

警備員手配

当社は、公安員会認定の警備(千葉県公安委員会認定 第55000030号)事業部を社内に持ち、警備業も営んでおります。

そのため、イベントの会場警備なども別手配する必要はありません。会場の規模、内容に合わせた最適な人数で、警備員を派遣します。会場や出入り口、駐車場、沿道警備など、まとめてお任せください。